Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

森 鷗外 著
A5判 280ページ
価格3,500円+税
ISBN978-4-86251-473-8

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

シリーズ第3巻「山椒大夫」は、表題作のほか、「阿部一族」「最後の一句」「興津弥五右衛門の遺書」の4篇を収載。「山椒大夫」は、説話「さんせう太夫」をもとにした森鷗外の短編小説で鷗外の代表作の一つともいわれている。「阿部一族」「興津弥五右衛門の遺書」は、鷗外の歴史小説で、当時の世相を反映した作品である。何れの作品も原作や史実と異なる展開を見せた作品となっている。

目次

山椒大夫
阿部一族
最後の一句
興津弥五右衛門の遺書

著者プロフィール

森 鷗外 (モリ オウガイ)
文久2(1862)―大正11(1922)。石見国津和野(現:島根県津和野町)出身。明治14(1881)年東京大学医学部を卒業後軍医となり、17年~21年ドイツに留学。40年、陸軍軍医総監・陸軍医務局長になり、軍医として最高職についた。
大正5(1916)年予備役となり、6年帝室博物館長兼図書頭。公務のかたわら、小説家、評論家、翻訳家として活躍。代表作に『舞姫』(1890)、『うたかたの記』(1890)、翻訳『即興詩人』(1892~1901)、『ヰタ・セクスアリス』(1909)、『雁』 (1911)、『阿部一族』(1913)、『山椒大夫』(1915)、『高瀬舟』(1916)、史伝『渋江抽斎』(1916)などがある。本名は森 林太郎(もり りんたろう)。

大活字本シリーズ 森鷗外