Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

芥川 龍之介(著)
A5判 348ページ 価格 3,500円+税
ISBN978-4-86251-404-2

 三和書籍ECサイトで書籍を購入する ※会員特典があります
 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 TSUTAYAオンラインショッピングで書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 楽天koboで電子書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

シリーズ第5巻として、「杜子春」「侏儒の言葉」「アグニの神」「南京の基督」の4作を大活字、読み仮名付きで収載している。「杜子春」は中国古典を題材にした、子供から大人まで親しまれている名作。「侏儒の言葉」は随筆・警句集である。ほとんどが小文であるため、内容も理解し易く読み進められる。大正時代に書かれたものだが、現代に読んでも芥川のストレートな言葉の数々に納得させられる。他三つの短編小説「アグニの神」はヒンズー教、「南京の基督」はキリスト教を題材にした作品である。

目次

杜子春
侏儒の言葉
アグニの神
南京の基督

著者プロフィール

芥川 龍之介(アクタガワ リュウノスケ)
1892年(明治25)3月1日東京生れ。日本の小説家。東京帝大在学中から創作を始める。作品の多くは短編小説である。『芋粥』『藪の中』『地獄変』など古典から題材を取ったものが多い。また、『蜘蛛の糸』『杜子春』など児童向け作品も書いている。1927年(昭和2)7月24日没。