Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る


芥川 龍之介(著)
A5判 336ページ 価格 3,500円+税
ISBN978-4-86251-400-4

 三和書籍ECサイトで書籍を購入する ※会員特典があります
 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 TSUTAYAオンラインショッピングで書籍を購入する
 三和書籍卸サイトで書籍を購入する ※法人/個人事業主様が対象です
 BOOKPUBで電子書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 楽天koboで電子書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

本書『蜘蛛の糸』には、芥川龍之介大活字本シリーズの第1巻として、「蜘蛛の糸」「神神の微笑」「酒虫」「夢」「妖婆」「追憶」「魔術」の7篇を大活字、読み仮名付きで収載しています。国語の教材としても有名な「蜘蛛の糸」をはじめ、切支丹物のひとつである「神神の微笑」、中国の短編集に登場する「酒虫」など、夢幻譚や現代的なミステリーの味わいも備えた魅力的な1冊です。

目次

蜘蛛の糸
神神の微笑
酒虫

妖婆
追憶
魔術

著者プロフィール

芥川 龍之介(アクタガワ リュウノスケ)
1892(明治25)年、東京府京橋入船町に新原敏三の長男として生まれる。11歳のときに母が死去し、後に、叔父・芥川道章(母の実兄)の養子となって芥川姓を名乗る。東京帝大英文科に進み、久米正雄、菊池寛らと知りあって第3次「新思潮」に参加する。夏目漱石の知遇をえて師事し、第4次「新思潮」創刊号掲載「鼻」が漱石の絶賛を受けて、一躍、大正文壇の寵児となる。近代日本小説の礎となる短編の傑作を多数発表したが、1927(昭和2)年、服毒自殺をとげる。享年35歳。