季語でつなぐ日々

第31号/八月、秋の蟬、木槿

投稿日:

八月

草濡れたり抜かれたりして八月来  池田 澄子  

 太陽が照りつけ、入道雲が湧き上がり、山を緑が覆って、生命感の溢れる8月です。でも第二次世界大戦を経た日本人にとって、広島と長崎への原爆投下、終戦という悲しい史実を思い出す月になってしまいました。お盆もありますから、8月は鎮魂の月と言えるでしょう。俳句でもそうした内容の句が多く見られます。

 繁茂している草を詠んだこの句は、一見戦争とは無関係のようですが、「八月来」に深い感慨が籠められています。生い茂った雑草が雨に濡れてぐったりし、無残に引き抜かれているのを見て、人間が雑草のように扱われた時代があったことを思い出しています。

 作者の父は軍医として中国戦線に出征し、戦地で亡くなりました。作者が8歳のときです。無事に帰還して娘を両腕で抱きたいとどんなに思ったことでしょう。また娘も永遠に会えなくなった父をどんなに慕ったことでしょう。

秋の蟬

啼き止んで空の遠のく秋の蟬  柘植 史子 

 歳時記では、みんみんと鳴く「みんみん蟬」やじいじいと鳴く「油蟬」は夏の季語ですが、おおしいつくつくと鳴く「法師蟬」やかなかなと鳴く「蜩(ひぐらし)」は秋に分類されています。でもこの句のように「秋の蟬」と言った場合は種類ではなく、立秋を過ぎて鳴いている蟬という意味です。

 或る日、あれほど鳴いていた蟬の声が聞こえなくなっていることに気づくことがありますね。夏の間、姿は見せなくても鳴き声で存在感を充分に示していた蟬でしたが、その声がぱたりと聞こえなくなる日が訪れたのです。すると蟬がいなくなった木々は俄かに遠くに感じ、空も遠くに退いてしまったように感じたのでしょう。

 まるで秋の空に吸い込まれてしまったかのような蟬たちを心の中で見送り、大気の澄み始めた空に秋を感じる季節です。


蜩(ひぐらし)

木槿

賢母ともなれず雨打つ花木槿  井上 閑子

 ピンクの木槿(むくげ)、紫がかった木槿、白くて奥が赤い底紅、豪華な八重咲きなど、秋の初めに次々と咲いて楽しませてくれる木槿の花。朝開いて夕方にはしぼんでしまうところから、白居易の「槿花一朝の夢(きんかいっちょうのゆめ)」という言葉が生まれ、木槿は人の栄華の儚さの譬えに使われてきました。俳句では芭蕉の「道のべの木槿は馬に食はれけり」がよく知られていて、美しいけれども庶民的な花という印象です。

 この句では、庭の木槿に雨が当たって哀れな様子なのでしょう。じっと見ているうちに、ふと己が雨に打たれているような気がしたのです。母として半生を生きてきたが、我が子にとって母の私はどうだったかと自問したのでしょう。決して賢母ではなかったが、無我夢中で育ててきたことを感慨深く思ったのです。「賢母ともなれず」に謙虚で清楚な母の美しさが滲み出ています。

藤田直子先生のプロフィールや著作については、こちらをご覧ください。

-季語でつなぐ日々

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第5号/小暑、蠅叩、蓮

小暑 小暑かな佃煮選ぶ佃島  田中 風見子  7月には小暑と大暑の二つの二十四節気があります。初めに来るのは小暑で、今年は7月7日が小暑に当たります。  本格的な暑さの入口という意味の小暑ですが、日本 …

第20号/雨水、囀、蕗の薹

雨水 低く出づ雨水の月のたまご色  岸 さなえ  二十四節気の一つ雨水は「うすい」と読みます。立春が過ぎて厳しい寒さが遠のき、空から降るものが雪から雨になり、氷が溶けて水になる頃という意味で、今年は2 …

第33号/九月、秋の蝶、曼珠沙華

九月 それぞれの丈に山ある九月かな  三森 鉄治   暑さはまだ残っているものの、日差しは明らかに穏やかになり、ほっとできる9月を迎えました。子どもたちは学校に行き始め、大人たちも、暑い時期には先送り …

第12号/霜降、秋曇、紅葉

霜降 霜降やスリッパ厚く厨事  井沢 正江  霜降(そうこう)は文字通り、霜が降りはじめるという意味の二十四節気です。今年は10月23日に当たります。秋がいよいよ深くなって、大気が澄み、野山の紅葉も濃 …

第3号/芒種、レース、杜若

芒種 木の橋に水面近づく芒種かな   鍵和田 秞子  芒種は「芒(のぎ)のある穀物の種を播(ま)く時期」という意味の二十四節気。今年の芒種は6月5日です。  「芒」はススキという漢字ですが、ノギとも読 …