季語でつなぐ日々

第19号/立春、雪解、梅

投稿日:2018年2月6日 更新日:

立春

肩幅に拭きゆく畳春立ちぬ  小西 道子

 春の最初の二十四節気は立春。「春立つ」とも言います。今年は2月4日でした。「暦の上では春になりましたが」という言葉がよく使われる通り、立春を迎えたと言っても、急には暖かくはなりませんね。でも俳句では、立春を過ぎると、春の季語が使われることになります。立春を過ぎてからの寒さは「春寒(はるさむ)」「余寒(よかん)」「冴返る」という季語で表します。

 この句は畳を拭いている動作を描いています。雑巾で畳を拭きながら後ずさりして行くとき、手の動きが肩幅ぐらいに左右に動くというのです。この具体的な表現によって、きびきびとした作業が目に浮かぶ句となりました。立春の水も畳もまだ冷たいでしょう。けれどもリズミカルに拭いてゆく姿には春の訪れで心が弾んでいることが見て取れます。

雪解

光堂より一筋の雪解水  有馬 朗人

 雪は冬の季語ですが、雪解は春の季語になります。「ゆきどけ」または「ゆきげ」と読みます。冬でも天気が回復すれば雪は解けるのですが、雪の多い地方では春になってはじめて雪が解けることを実感します。したがってこの季語は積雪の多い地方の季語と言えるでしょう。

 「光堂」は中尊寺の金色堂です。藤原三代の栄華を今に伝える建物ですね。作者は早春の或る日、そこを訪れて雪解の水が流れていることに気づいたのでしょう。残雪に陽光が射して美しい光景だったと思います。実景を詠んだのだと思いますが、「光堂」という固有名詞が生かされ、たいへん有名な句になりました。三代で儚く終焉した運命が、やがては消える雪解水に象徴されている、と鑑賞されることが多いです。

 けれども私は、雪解水の季語によって、千年前の建造物が大自然の中で今も息づいているように感じられてなりません。


ウチノメ屋敷 レンズの目様のブログから画像をお借りしました。
ありがとうございます。

たくあんの波利と音して梅ひらく  加藤 楸邨

 梅の花が香る季節になりました。寒さの中でもけなげに咲いて香りを放ち、清楚な風情で人の心を惹きつける梅の花。『万葉集』の時代から数多の詩歌に詠まれてきた伝統的な花です。

 その数多の梅の句の中で、この句はユニークです。たくあんを食べることと梅の花とは、一見何の繋がりもありませんが、たくあんを嚙んだときに音を立てると、梅の花がぱっちりと目を開いたように見えたというのです。感覚的なことですが、なぜか共感できますね。たくあんの庶民性が梅の花の優しさに通じてもいます。「波利」を「ぱり」と読む人と「はり」と読む人がいますが、「はり」のほうが乾いた空気に合うような気がします。

 梅という伝統的な季語を、既成概念に捉われず、思い切って感覚だけで詠んだこの句は、多くの人の共感を得ています。そのことにも元気をいただける句です。

藤田直子先生のプロフィールや著作については、こちらをご覧ください。

-季語でつなぐ日々

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第12号/霜降、秋曇、紅葉

霜降 霜降やスリッパ厚く厨事  井沢 正江  霜降(そうこう)は文字通り、霜が降りはじめるという意味の二十四節気です。今年は10月23日に当たります。秋がいよいよ深くなって、大気が澄み、野山の紅葉も濃 …

第6号/大暑、泉、向日葵

大暑 念力のゆるめば死ぬる大暑かな  村上 鬼城  二十四節気の一つ「大暑」は文字通り、夏の最も暑い日という意味で、今年は7月23日に当たります。  この句は村上鬼城の有名な句です。大正時代に詠まれた …

第30号/夜の秋、夏座敷、百日紅

夜の秋 夜の秋の平家におよぶ話かな  大峯 あきら  「夜の秋」は「秋」と付いていますが、夏の夜のことです。7月も終わりぐらいになると、暑さの中にふと秋の気配を感じることがあります。それを俗に「土用半 …

第8号/処暑、秋日和、芙蓉

処暑 山を見ていちにち処暑の机かな  西山 誠    処暑は暑さがおさまるという意味の二十四節気で、今年は8月23日が処暑に当たります。  まだ残暑が厳しい頃ですが、朝夕に吹く風が肌にさらっと感じられ …

第31号/八月、秋の蟬、木槿

八月 草濡れたり抜かれたりして八月来  池田 澄子    太陽が照りつけ、入道雲が湧き上がり、山を緑が覆って、生命感の溢れる8月です。でも第二次世界大戦を経た日本人にとって、広島と長崎への原爆投下、終 …