季語でつなぐ日々

第18号/大寒、薬喰、臘梅

投稿日:2018年1月25日 更新日:

大寒

大寒の一戸もかくれなき故郷  飯田 龍太

 二十四節気の中でも、大寒はよく知られています。天気予報士がテレビで「今日は大寒です」と言うと、一段と寒さを感じて身が引き締まるような気がします。2018年の大寒は1月20日でした。

 この句は大寒の代表的な句です。作者の飯田龍太は高名な俳人だった飯田蛇笏の息子で、山梨県の笛吹市に住んでいました。四男でしたが、3人の兄が戦死や戦病死したため、家を継ぎ、父の俳誌「雲母」も継承しました。四男でありながら、家を継ぐことになった龍太。覚悟を決めて数年後、33歳の作です。親子が住んだ家は甲府の東南、御坂山系につづくゆるやかな丘陵の中ほどに、今もあります。そこからは甲府盆地が眺められ、空気の澄みきった日には南アルプスが望めます。

 木々が落葉して何ものにも邪魔されない冬は家々がよく見えたのでしょう。「一戸もかくれなき」という徹底した表現が大寒に合っています。

 大寒は寒さが極まる日ですが、力強い響きのある言葉です。

薬喰

薬喰女揃うて黒づくめ  三木 瑞木

 現代は毎日のように肉料理を食べますが、わが国では仏教が伝来してから獣肉を食べることが敬遠されていました。特に江戸時代の生類憐みの令の後は食されなくなったようです。それでも、獣肉は栄養価が高いので、身体が弱っている人には特に食べさせたいですし、美味しいことは分かっていました。そこで、「薬の代わり」と言う理由をつけて、狩猟した鹿肉や猪肉を食べました。今で言うジビエです。特に冬は血行を良くするので、寒さを乗り切るために食べたようです。それが冬の季語「薬喰」です。

 この句は薬喰と称して、猪肉の牡丹鍋か鹿肉の紅葉鍋を食べたのでしょう。女性達が集まったところ、誰もが皆、黒を着ていたのです。黒はお洒落な色ですが、薬喰だけに、世間の目を憚って黒を着込んできたようにも見えて面白いと思ったのでしょう。

 なかなかに勇敢でパワーのある女性陣だったのではないでしょうか。

臘梅

臘梅や人待つならば死ぬるまで  藺草 慶子

 臘梅(または蠟梅)は12月から2月頃に咲くロウバイ科の落葉低木です。まだ葉を出さないうちに黄色い小さい花が枝に出て、梅のような香りを放ちます。光沢のある花に気品がある上、芳香が良いのでファンが多い花です。

 この句には少し驚かされました。「死ぬるまで」という言葉が強いですね。人生百年だとしても、そこまで待ちます、とはなかなか言いきれません。

 「人待つならば」という言い方からは、特定の誰かが振り向いてくれるのを待っているとも受け取れますが、誰かいい人が現われるのを待っているとも受け取れます。一生を賭けて人を愛したい、そういう人に巡り合いたいという願望ではないでしょうか。

 臘梅の香と艶が、永遠の恋人を待つ心に通じていて魅力があります。

藤田直子先生のプロフィールや著作については、こちらをご覧ください。

-季語でつなぐ日々

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第7号/立秋、魂まつり、朝顔

立秋 秋来ると文(ふみ)の始めの佳きことば  松浦 加古    立秋は秋の初めを表す二十四節気で、今年は8月7日に当たります。俳句では「秋立つ」「秋来る」「秋に入る」「今朝の秋」などという季語でも詠ま …

第23号/清明、燕、馬酔木の花

清明 清明やきらりきらりと遠き鍬  大橋 弘子   清明は「清浄明潔」の略です。その文字の通り、空気が澄んで陽光が明るく、万物を鮮やかに照らしだすという意味の二十四節気です。この時期になると、萌え出た …

第17号/小寒、初仕事、寒林

小寒 小寒や楠匂はせて彫師なる  坪野 文子  小寒は1月の初めの二十四節気で、今年は1月5日。この日から節分までが「寒」です。  したがって、小寒の日を「寒の入り」、15日後の1月20日を「大寒」、 …

第20号/雨水、囀、蕗の薹

雨水 低く出づ雨水の月のたまご色  岸 さなえ  二十四節気の一つ雨水は「うすい」と読みます。立春が過ぎて厳しい寒さが遠のき、空から降るものが雪から雨になり、氷が溶けて水になる頃という意味で、今年は2 …

第25号/五月、噴水、カーネーション

五月 緑の台地わが光背をなす五月  金子 兜太      今年の2月20日、98歳で亡くなった金子兜太さんの、30代の作です。金子兜太さんは戦後の俳壇を率いてきた大きな存在でしたから、訃報はニュースに …