季語でつなぐ日々

第14号/小雪、障子、石蕗の花

投稿日:2017年11月22日 更新日:

小雪

小雪や声ほそほそと鳥過ぐる  鍵和田 秞子
 
 小雪は、立冬から十五日後、雪が降り始める頃という意味を持つ二十四節気です。地域によっても異なりますが、雪がまだ降っていない土地にも、山間部の雪の便りが届く頃。今年の小雪は11月22日です。

 朝晩は暖房を入れるようになり、外出のときはコートやマフラーが欠かせなくなってきました。動物たちも冬の寒気に敏感になるのでしょう。木々の間を行き交う鳥の声もこころなしか寂しげに聞こえます。この句では、その声を「ほそほそと」と表現しています。「ほそぼそ」ではないのです。

 秋に北方から渡ってきたばかりの小鳥たちは枝に止まって楽しげに鳴いていましたが、今はわずかに声をこぼしつつ飛んで行きます。その声を「ほそほそと」と表現したことで、寒さの中の小さないのちへのいたわりが感じられる句になっています。


キビタキ

障子

出雲から紙来て障子あらたまる  飴山 實

 この句の季語は障子です。現代生活の中では障子に冬という季節感がありません。ではなぜ冬の季語なのでしょうか。歴史を振り返ると、平安の末期に、「明り障子」ができたそうです。それまでは襖や衝立が廊下と部屋の間を仕切っていました。でも襖を入れると部屋が暗くなってしまうので、木の桟に白い和紙を貼って明りを取り入れた。それが障子の始まりです。江戸時代になって和紙の普及と共に庶民の間にも広まったそうです。夏場は風を通すために障子を外しますが、冬になって障子を入れると温かくなるのです。木と紙でできていると言われる日本の家屋の知恵がここにも窺えます。

 この句は出雲和紙が障子紙に使われたということを言っています。出雲は古来から和紙の産地でした。昭和30年代までは障子にも手漉き和紙が使われていたそうです。出雲という神の地から和紙が来たことへの有り難さが「あらたまる」に表われています。

石蕗の花

土擦つて門ひらかれぬ石蕗の花  鈴木 鷹夫

 この句にも日本家屋の風情が感じられます。門を開けようとしたら、門が地面を擦ったというのです。おそらくこの扉は木製でしょう。門を作った当初は、地面すれすれに出来ていたのですが、歳月が経って、木は湿気で膨張し、地面の土も少し変化して、今は開くたびに扉の底で地面を擦るというのです。些細なことですが、そこに目をつけて、そこだけを詠んだところがおもしろいですね。そういえばそういうことがあるなと読者に思わせ、周囲の雰囲気や人物まで思い描けるというのは俳句の力の一つです。

 作者は、ずずずっと地面を擦って開かれた門に招き入れられたのでしょう。すると石蕗の花が目に飛び込んできた。玄関までの短い小道ですが、住んでいる人の落ち着いた暮らしが感じられて、その清閑な趣に惹かれたのです。

 凜とした石蕗の花の黄の鮮やかさと気品に心を寄せたくなる季節です。

藤田直子先生のプロフィールや著作については、こちらをご覧ください。

-季語でつなぐ日々

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第38号/神無月、冬の波、枯芒

神無月 神無月跳んで帽子を掛けて子は  国東 良爾   神無月は陰暦10月のことです。陽暦に直すと1か月ぐらい遅くなりますから、歳時記では初冬の季語になっています。  この月は古くから、諸国の神々が出 …

第7号/立秋、魂まつり、朝顔

立秋 秋来ると文(ふみ)の始めの佳きことば  松浦 加古    立秋は秋の初めを表す二十四節気で、今年は8月7日に当たります。俳句では「秋立つ」「秋来る」「秋に入る」「今朝の秋」などという季語でも詠ま …

第5号/小暑、蠅叩、蓮

小暑 小暑かな佃煮選ぶ佃島  田中 風見子  7月には小暑と大暑の二つの二十四節気があります。初めに来るのは小暑で、今年は7月7日が小暑に当たります。  本格的な暑さの入口という意味の小暑ですが、日本 …

第35号/十月、夜なべ、吾亦紅

十月 窓大き席十月の陽の匂ひ  山田 牧   10月は暑くもなく寒くもなく、湿度も低くて気持ちの良い日が多いですね。この句は大きな窓のそばに座って、十月の日差しを楽しんでいる場面です。9月では残暑が厳 …

第18号/大寒、薬喰、臘梅

大寒 大寒の一戸もかくれなき故郷  飯田 龍太  二十四節気の中でも、大寒はよく知られています。天気予報士がテレビで「今日は大寒です」と言うと、一段と寒さを感じて身が引き締まるような気がします。201 …