季語でつなぐ日々

第13号/立冬、セーター、返り花

投稿日:2017年11月7日 更新日:

立冬

立冬のことに草木のかがやける  沢木 欣一

 立冬は冬に入ったという意味の二十四節気です。今年は11月7日が立冬です。

 季語では「冬立つ」「冬に入る」「冬来る」などとも使われますが、言葉によって少しずつニュアンスが異なるようです。「立冬(りっとう)」にはきりりとした響きがあって、寒気を迎える緊張感が伝わってきます。

 この句は立冬の日の草木の様子です。この季節、草は少し枯れ始めていますが、まだ色を残しています。落葉樹は木の葉を落とし始めていますが、まだ日差しを返す力があります。その様子が描かれました。真冬になる前の草木は殊に美しいというのです。言葉は素朴ですが、初冬の日差しと風景を見事に言い止めています。

 あと半月ほど経つと、この美しさは失われるかもしれません。移りゆく季節の微妙な変化を、見逃さずに味わいたいと思わせてくれる句です。


 
セーター

岳父着しセーターをまた我が肩に  浅野 雄一

 岳父は、妻の父のことです。妻の父からセーターを譲られたのでしょう。もしかすると形見をいただいたのかもしれません。そのセーターを普通に着るのではなく、肩に掛けています。両方の袖を胸元で結ぶお洒落なスタイル。一時期、流行しました。でも単にファッションとしてではなく、この季節はこのようにしたくなるのです。着ると暑いけれども、日差しが無い場所に行くと寒いから、セーターは手放せない、という冬の初めの気候です。

 それをさらりと句にしていますが、実父ではなく岳父であることから、人間関係が窺えて、味わいがあります。肩に置かれたセーターは、妻の父に「娘を頼むよ」と言わて置かれた掌の重さであり、温かさです。

 冬になると思い出すセーター、そして妻の父の存在。やがては自分も、婿に対してそうでありたいと思う「岳父像」が作者の中に育っているのでしょう。

返り花

返り花天の美神に愛されて  高屋 窓秋

 さくら、つつじ、山吹などの花が11月の小春日和に咲いているのを見かけることがあります。歳時記では「返り花」「忘れ花」「狂い花」などという季語になっています。

 普通に咲く花とは違った趣があると、江戸時代から季語になりました。俳句では、うっかりと咲き出た花、遠い記憶を蘇らせる花、ぽつんと咲いて寂しそうな花、という内容が詠まれてきました。

 ところがこの句は、天の采配で、二度咲きが許された花として詠まれています。天の美神といえば、ビーナスかもしれませんが、西洋の神に特定する必要はないでしょう。天上に美を司る神がいらして、特別の寵愛を受けた花だけが、再び咲くことを許され、今日ここに咲いているとはなんとロマンがあるのでしょう。「美神」で、この返り花がいかに美しいかも想像させます。

 小春日のなか、美神の寵愛を受けた花を探しに行きたくなりますね。

藤田直子先生のプロフィールや著作については、こちらをご覧ください。

-季語でつなぐ日々

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第22号/春分、木の芽、桜

春分 春分の田の涯にある雪の寺  皆川 盤水  春分も二十四節気の一つです。太陽が春分点を通過する時刻が春分ですが、その時刻がある日を暦で春分と呼んでいます。今年は3月21日でした。この日はお彼岸の中 …

第17号/小寒、初仕事、寒林

小寒 小寒や楠匂はせて彫師なる  坪野 文子  小寒は1月の初めの二十四節気で、今年は1月5日。この日から節分までが「寒」です。  したがって、小寒の日を「寒の入り」、15日後の1月20日を「大寒」、 …

第7号/立秋、魂まつり、朝顔

立秋 秋来ると文(ふみ)の始めの佳きことば  松浦 加古    立秋は秋の初めを表す二十四節気で、今年は8月7日に当たります。俳句では「秋立つ」「秋来る」「秋に入る」「今朝の秋」などという季語でも詠ま …

第4号/夏至、五月雨、蛍

夏至 シェイクスピア観て夏至の夜を言祝ぎぬ  藤田 るりこ  昼間の長さが最も長くなる夏至も二十四節気の一つです。今年は6月21日に当たります。  日本では梅雨の真っ只中なので、曇ったり雨が降っている …

第36号/夜長、鴨来る、柿

夜長 長き夜の妻の正論聞きゐたり  中村 昇平   日の入りが早くなって、夜が長く感じられる季節です。「灯火親しむ」は、長い夜に読書を楽しむという季語、「夜なべ」は仕事に精を出すという季語です。いずれ …