Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

太宰 治 著
A5判 388ページ 並製
価格3,500円+税
ISBN978-4-86251-454-7

 三和書籍ECサイトで書籍を購入する ※会員特典があります
 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 楽天koboで電子書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

シリーズ第3巻は「斜陽」を大活字、読み仮名付きで収載した。
「斜陽」は、戦後日本の没落していく貴族階級の一家が主な登場人物となっている。既存の階級意識とその美学を守り続けた「最後の貴族」である母。次第に「恋と革命」に生きようと行動を始める、姉・かず子。戦地から復員し、荒れた生活を続ける弟・直治。そして姉弟に大きな影響を及ぼすことになる無頼の作家、上原。激動の時代において、それでもなお自分の信じる道を生きようとする人々の苦悩が鮮烈に描き出されている。

目次








著者プロフィール

太宰 治(ダザイ オサム)
1909年(明治42年)、青森県北津軽郡金木村の大地主の六男として生まれる。本名、津島修治。
薬物中毒になりながらも、第二次世界大戦前から戦後にかけて作品を発表。主な作品に『走れメロス』『お伽草紙』『人間失格』『斜陽』などがある。戦後は流行作家として活躍するも、1948年6月13日、玉川上水で愛人であった山崎富栄と入水自殺。享年38。

大活字本シリーズ 太宰治