Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

関連法・税制・地価の動向解説
元東京都建設局参事
荒木清三郎 著
A5判 並製 235頁
価格 3,500円+税
ISBN978-4-86251-088-4 C2030

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 BOOKPUBで電子書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 楽天koboで電子書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

内容

本書は、土地と住宅それぞれについての関連法をわかりやすく概説した上で、税制や地価、住宅ローン金利などについて解説。
不動産取引の専門家、住宅を新築したり中古住宅の売買を考えている人に必携の書。

目次

まえがき

第1章 「住」の変化について
1 住宅を考える視点
住宅の量と質
住宅の所有と利用
住宅の資産価値
2 住宅の供給
住宅の取得と選択
住宅政策の変遷

第2章 提言と答申の内容と疑問点
1 経団連等の提言と審議会答申
提言と答申
市場化の功罪
2 提言と答申との開き
公共性への疑問
《住宅金融システム》
《住宅セーフティーネット》
市場の成立性

第3章 土地基本法と住生活基本法の違い
1 土地基本法と住生活基本法
土地と住宅の基本理念
理念の違い
2 基本法の方向
土地―民から公へ
住宅―公から民へ
検討の背景
公的住宅の沿革と現状
公的賃貸住宅の施策対象および公的関与の必要性
施策展開に当たっての方向性

第4章 基本法と住宅政策の焦点
1 基本法の効用
基本法の多様性
基本法の効用
2 住生活基本法の影響
住宅関連法の態様
政策実現へのアプローチ
土地市場の条件整備
取引価格情報の提供
地籍の整備
土地属性に関する情報システムの整備
定期借地権制度の改善
市場重視型の新たな住宅金融システムの整備
住宅市場における重点分野
市街地における居住環境整備の推進

第5章 安全と不動産市場の動向
1 土地と住宅の安全
住宅の安全
耐震構造の偽装問題
住宅の品質保証と欠陥補償
多様化する賃貸住宅
住宅の防災
住宅の防犯
住宅ローン金利
所有か賃貸か
住宅生産と安全
異なる建築工法
住宅の形態と耐用年数
木材の利用
建築と住文化
建築家と建築士について
土地の保全
都市と住宅地
建築敷地と住宅作法
地価決定の過程
土地情報
土地の境界
物納土地の整理
定期借地権の効用
土地利用関係の変化
2 変貌する市場
変わる不動産市場
サブプライムローン問題と金融市場
不動産相場と金融危機
不動産ファイナンス事情
公の市場参入による変化
成熟社会での市場の転換
土地格差と住宅格差
格差の存在
土地格差と国土形成計画
農業改革と農地
格差のない住宅
政権交代と施策の変化

参考文献
あとがき

図表索引
索引