Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

ボケ・脳梗塞を治す
秋広 良昭【著】
B6判 129ページ
1100円+税
ISBN 978-4916037671

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

内容

口唇筋ストレッチグッズ「パタカラ」を使うと、前頭葉が活性化されて脳細胞に刺激を与える。表情筋の不活化と痴呆との関係を解き明かし、唇の働きと脳細胞との密接な関係に着目した「パタカラ」の絶大な効果を歯科医師が解説する。痴呆症と口唇閉鎖力との関係、イビキ・無呼吸と痴果症との関係、痴果症と脳血流シンチ、口唇閉鎖力と知的活動との関係、病院でのパタカラ使用とその結果などのデータをもとに、「パタカラ」の効果を検証した。

目次

はじめに
第1章 家に帰れた!うれしい!
 Sさんの記憶
 家族の話
 病院での出会い
 Sさんの回顧
 Tさんの観察
 Sさんとのお別れ

第2章 パタカラと脳のメカニズム
 パタカラ使用でなぜ痴呆症が改善するのだろう?
 痴呆症への燭光、口唇閉鎖力と知的活動との関係
 脳細胞のシナップスと「渦巻き理論」
 パタカラ使用と眠気

第3章 痴呆症症状の意味づけ
 痴呆症
 少しずつ進む痴呆症
 痴果症のきっかけ (頼りになる人がいなくなるとボケが始まりやすい)
 小山さんの場合
 よく噛んで食べる人はボケない?
 痴果症と口唇閉鎖力測定との関係
 イビキ・無呼吸と痴果症との関係
 痴果症と脳血流シンチ

第4章 痴呆症改善までの試行錯誤の道のり
 右側前頭葉脳血流と痴呆症への取り組み
 口唇閉鎖力と知的活動との関係
 鹿島病院でのパタカラ使用とその結果
 知的障害者施設での活動
 痴果症を治しやすい人、治しにくい人

第5章 パタカラ・ストレッチング
 重症痴呆症の人でも頼りにしている人がいます
 痴呆症の人へのパタカラ・ストレッチング方法
 一日三回忘れずに
 痴果症の人へのモチベーション
 痴果症改善後のケア

あとがき
全国パタカラ取扱い歯科医院・医療機関リスト

著者プロフィール

秋広 良昭
1943年生まれ。東京都出身。東京歯科大学卒業。1972年同大学大学院修了、歯学博士。東京歯科大学非常勤講師。労働衛生コンサルタント。1996年有限会社デンタルユーミー社を設立し、1998年口唇筋トレーニングツール、パタカラ「ユーミー」を開発。2001年には哺乳ビン乳首「つぐみちゃん」を開発。
2003年、ペットボトルリップトレーナー「ちゅうLIP」を開発。日本歯学保存学会で「パタカラによる口腔機能療法」を発表以来、歯科をはじめ異分野からも講演依頼が激増した。現在は新器具開発のかたわら、論文の執筆と講演で全国を飛び回る毎日である。