Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

中国共産党をめぐる権力闘争 1930年~1945年
トーマス・キャンペン【著】/杉田 米行【訳】
B6判 228ページ
2,800円+税
ISBN 978-4916037541

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

内容

中国共産党史に関する通説で支配的であった“ふたつの路線対立”は、新たな資料によって実に矛盾の多いものであることが分かってきた。28人のボリシェヴィキ派の台頭と毛沢東…はたして通説は真実なのか?緻密で豊富な資料をもとに徹底検証してゆく。

目次

第1章 中国共産党の指導権と「二八人のボリシェヴィキ派」の中国帰還(一九三〇年)
第2章 新しい党指導部の展開(一九三一年)
第3章 中国共産党指導者の江西への移転とソヴィエト地区における権力闘争(一九三一〜一九三四年)
第4章 長征時における中国共産党指導部の内部闘争
第5章 中国共産党とコミンテルンとの関係および第二次国共合作の形成(一九三五〜一九三八年)
第6章 延安整風運動と新しい中国共産党指導部の台頭(一九四〇〜一九四五年)

著者プロフィール

トーマス・キャンペン[Thomas Kampen]
ベルリン自由大学博士課程修了(Ph.D.)。ベルリン、ロンドン、北京で中国史と中国政治を勉強。現在ハイデルブルグ大学で中国政治を教えている

杉田米行[スギタヨネユキ]
1962年、大阪生まれ。現職、大阪外国語大学アメリカ講座助教授