Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

麻薬の戦略地政学
アラン・ラブルース/ミッシェル・クトゥジス 著/
日本大学法学部教授 浦野起央 訳
四六判/上製/ 192頁
本体2,400円+税
ISBN978-4-916037-42-8

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

内容

何故、世界は麻薬の完全な撲滅に本気で立ち上がろうとしないのか。麻薬による無秩序の危険にさらされた国際関係を、歴史的経過とともに解説する。世界政治を鳥瞰するうえで、地政学的考察の一素材として注目される一冊。

目次

序論 地政学から戦略地政学へ
第1章 麻薬地政学の起源
第2章 麻薬と紛争
第3章 ビルマの麻薬地政学と麻薬戦略地政学
第4章 アマゾンと黄金の三日月諸国戦争におけるコカインとヘロイン
第5章 バルカン、コーカサス、および中央アジアの「新しい紛争」における麻薬
第6章 南北関係と麻薬
第7章 国内地政学、犯罪組織と麻薬国家