Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

谷崎 潤一郎 著
A5判 448ページ
価格3,500円+税
ISBN978-4-86251-551-3

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 メルカリで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

 シリーズ第1巻「刺青」は、表題作の「刺青」は処女作であり、その後の谷崎作品に共通する思想が見られる。「秘密」は、普通の刺激に飽きた主人公が、女装をして町に繰り出し、昔の女と再会したことでさらに強い刺激を追い求め溺れていく様が描かれている。「母を恋うる記」は自伝的短編小説。夢の中で、亡き母親への思慕を夢幻的に描いている。お市の方への思慕を盲目の法師の一人語りで綴られた「盲目物語」の4篇を収載。一人語りや方言、漢語などを多彩に取り入れ、作品ごとに変わる巧みな語り口で読者を楽しませてくれる。

目次

刺青
秘密
母を恋うる記
盲目物語

著者プロフィール

谷崎 潤一郎(タニザキ ジュンイチロウ)
1886年(明治19年)~1965年(昭和40年)。東京・日本橋生まれ。明治末期から昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。主な作品に「刺青」「痴人の愛」「春琴抄」「細雪」など、傑作を多く残している。

大活字本シリーズ 谷崎潤一郎