Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

江戸川 乱歩 著
各巻ともA5判(本体価格3500円)
7巻セット価格(全7冊) 24500円+税
ISBN978-4-86251-495-0

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 メルカリで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

第1巻から第7巻まで19作品を収載。森鷗外江戸川乱歩の珠玉の名作を、総ルビ、大活字で堪能できる。鮮やかな7色で装飾された本シリーズは、本棚に差していても美しい仕上がりになっている。

各巻内容

①『怪人二十面相』

②『人間椅子』 人間椅子/D坂の殺人事件/押絵と旅する男/蟲

③『パノラマ島綺譚』

④『屋根裏の散歩者』 屋根裏の散歩者/心理試験/芋虫/二銭銅貨

⑤『火星の運河』 火星の運河/鏡地獄/月と手袋/白昼夢/人でなしの恋

⑥『黒蜥蜴』

⑦『陰獣』 陰獣/双生児/赤い部屋

著者プロフィール 

江戸川 乱歩(エドガワ ランポ)

1894(明治27)―1965(昭和40)。三重県名張町出身。本名は平井太郎。
大正から昭和にかけて活躍。主に推理小説を得意とし、日本の探偵小説界に多大な影響を与えた。
あの有名な怪人二十面相や明智小五郎も乱歩が生みだしたキャラクターである。
主な小説に『陰獣』『押絵と旅する男』、評論に『幻影城』などがある。