Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

女性が輝く時代
花村 邦昭(著)
四六判 168ページ 並製
価格 2,000円+税
ISBN978-4-86251-389-2

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 TSUTAYAオンラインショッピングで書籍を購入する
 BOOKPUBで電子書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 楽天koboで電子書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

これまで男性は概して「組織生活圏」に軸足を置き、「個」・「国家」サイドに傾斜した生き方を強いられ、あるいはそれを自己選択してきたのに対し、女性は各「生活圏」の「間」で、また、「個」・「国家」~「個人」・「公共」の「間」で巧みにバランスをとりながら生きてきたという歴史的経緯がある。その「間」を生きることで女性はそれぞれ「公共的英知」を輝かせ、その「間」で「国家公共」という生き方を体得・体現してきたと言ってよい。これから到来する社会では(AI社会ではなおさら)そのようないわば<「間」的生き方>がむしろ主流となる。「男女共同参画社会」の提唱にはそれへの展望も視野に入っているはずである。「女性が輝く時代」の射程は少なくともそこまで届いていなければならない。本書はささやかながらそこに一石を投ぜんとするものである。

目次

はじめに
第一章 「公共生活圏」を生きる
「家族生活圏」
「地域生活圏」
「組織生活圏」
「仲間生活圏」
「公共生活圏」
第二章 「国家公共」という生き方
「国家公共」とは
「自己反照的・相互反照的対話」
「自己供犠・贈与・謝恩・奉仕」
「信」の力
≪補注≫「国家公共」という「価値規範」
―聖徳太子『憲法十七条』に関して―
第三章 「公共的英知」の創発
「人心」の収攬
「場」の整序
「事」の展開
「納得」の獲得
≪補注≫AI時代における「国家公共」のあり方
第四章 「公共」と「霊性的世界」
「霊性的自覚」に覚醒する契機
「霊性的世界」の披(ひら)け
「霊性的世界」の位相
「霊性的自覚」が開く世界 ―「宗教」世界の開け
≪補注≫「公共」と「宗教」
第五章 大妻良馬の「霊界建設」
大妻良馬という男
大妻良馬の思想
「霊界建設」
おわりに
あとがき
≪参考文献≫

著者プロフィール

花村 邦昭 (ハナムラ クニアキ)

1933年、福岡県生まれ。学校法人大妻学院 顧問。
東京大学経済学部卒業。(株)住友銀行(現三井住友銀行)専務取締役を経て、1991年、(株)日本総合研究所社長に就任。会長を経て現在同社特別顧問。
2007年、学校法人大妻学院常任理事を経て、2008年、理事長に就任、2016年、学長を兼任、2017年より現職。
・著書に『知の経営革命』(東洋経済新報社2000年、日本ナレッジマネジメント学会賞受賞)、『働く女性のための<リーダーシップ>講義』(三和書籍2013年)、『女性管理職のための<リーダーシップ>セミナー Q&A』(三和書籍2014年)。『女性が輝く時代 女性が「働く」とはどういうことか』(三和書籍2015年)、『〝やまとをみな〟の女性学』(三和書籍2017年)、『AIが開く新・資本主義』(彩流社2018年)、『AI時代の起票経営』(彩流社2018年)。
・編書に『生命論パラダイムの時代』(ダイヤモンド社1997年、レグルス文庫1998年)。
・電子出版として、
『大妻コタカ 母の原像』
(http://www.ihcs.otsuma.ac.jp/ebook/book.php?id=49)
『大妻良馬の人と思想―忘私奉公の生涯』
(http://www.ihcs.otsuma.ac.jp/ebook/book.php?id=1)