時代を半歩先取りする出版

ガンはすべての人にできている

  • HOME »
  • ガンはすべての人にできている
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

生活習慣が発症の大きな要因

生まれたばかりの赤ちゃんでも、微小なガンはできています。その意味では、すべての人が「ガン患者」といっていいでしょう。

しかし、ガンが検診で発見される大きさ(精度にもよりますが、数ミリから1センチほど)になるまでには、年単位、あるいは数十年単位の時間がかかります。

一般的には、ガン検診(その後の精密検査を含みます)で発見されて、はじめて「ガン患者」となるのです。

しかし、先にも述べたように、微小のガンはだれにでもあります。では、なぜガンが発見できる大きさになる人と、発見できる大きさにならない人がいるのでしょうか。

ガンは、生活習慣病の代表と言われています。生活習慣病という以上、生活習慣が大きな要因を占めるわけです。

もちろん、遺伝も多少は関係しますが、先天的なものでなければ、ストレス、食事や考え方などが大きな発症要因となります。

厳しい言い方になりますが、「ガンが検査で発見される大きさになるには、生き方に原因があった」ということになります。

ガンは感染症ではありません。自分自身の生活習慣が免疫を低下させ、「ガン」という結果を招いています。

生活習慣を変えることがポイント

逆に考えれば、生活習慣を改めていけば、「ガンは消えないまでも、検査では発見されない大きさに縮小する」ことができるのです。

生活習慣病は、患者さん自身でしか治せません。3大療法(手術、抗ガン剤、放射線)を行っても、生活習慣を変えない限り、再びガンが検査で発見される大きさになっていきます。

いったん縮小したガンが大きくなる場合もありますし、他の部位で新たなガンが見つかることもあります。

医療に頼りきっているだけでは、ガンが再発する可能性が高くなります。しかも、3大療法によって低下した免疫力が回復していない状態だと、ガンの進行は早くなります。

繰り返し言いますが、「ガンは患者さん自身でしか治せません」
ガンだけでなく、すべての生活習慣病もまったく同じです。
生活習慣病は、「患者さん自身しか治せない病気」なのです。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5395-4630 受付時間 9:00〜18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 三和書籍 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.