Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

日中新時代をひらく中国トップリーダーの視点
王 敏 編
A5判 上製 390頁
3,800円+税
ISBN978-4-86251-097-6 C3036

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

内容

 日中関係は世界における重要な二国間関係といわれる。中国経済が急速な成長を遂げ、GDPにおいて世界2位の日本を追い越した2010年。順位の変動があっても2位、3位の経済大国は東アジアの隣国であると改めて思う。しかし、現代史において不幸な戦争を体験した日中には未解決の懸案が多い。2010年9月には尖閣諸島(中国では「釣魚島」)の領有権問題が顕現化したように、一気に不安が拡大増幅した。とはいえ、どんな問題が起ころうと、日中は離れられない隣国同士である。……(略)……否応なく向き合っていかなければならないのが日中である。懸案に向かう勇気と才気が今こそ必要なときかもしれない。日中関係の変化を再認識し、課題を整理・検証・研究することが緊急を要している。とりわけ日中交流における共通の体験知を抱き、非西洋的価値基準による互恵関係の可能性及びその問題点を掘り下げ、利益共有への通路を開拓すべきだろう。変化しつつある日中新時代へのアプローチが本論文集の目的である。(巻頭言より)

目次

巻頭言 相互発展のための日本研究、相互学習としての日中(中日)研究

はじめに
◆GDPの変化に伴う日中相互認識の調整へのアプローチ

序  論
◆中国の発展モデルをいかに評価するか  趙 啓正

I 転換期を迎えた日中関係の展望──政治・経済・民間交流
◆日本の政権交代と中日関係  馮 昭奎

◆中日戦略的互恵と民間友好  劉 江永
─理想と現実─
◆「平成維新」と日本政治、外交傾向の評価分析  高 海寛

◆二〇〇九年度中日経済貿易関係の回顧と展望  呂 克倹

◆中日関係の安定発展に向けた「大いなる思考」と「小さな処方箋」 黄 星原

◆民間交流  蔡 建国
─日中関係の基軸─

◆日本新政府の東アジア共同体構想およびその実現の可能性について  張 建立
─心理文化学の視点から─

II 日中・東アジア文化の考察─歴史、社会的背景から現況まで
◆中日文化交流史に見られる「自我」と「他者」 黄 俊傑(翻訳:水口 幹記)
─相互作用の四種の類型とその含意─

◆日本人の自己認知と知的文化特徴論  尚 会鵬

◆中日間の心理メカニズム比較 霍 建崗

◆二〇〇八年中国における日本社会と文化研究状況について  林 昶(翻訳:千葉 明)

◆新時代における中国の日本文学研究と教育について 譚 晶華

◆端午節の文化境界  劉 暁峰
─東アジア文化の枠組みと無形文化遺産の間─

◆アジアの声 羅 紅光

おわりに
◆日中愛国心の違い 王 敏

付録資料
◆『中日友好交流三十年』に見る中国人研究者の日本観  玉腰 辰己

◆中国における日本研究 及川 淳子
─CNKIを活用した文献検索の現状と課題─