分析・資料・文献
浦野 起央(著)
A5判   418頁  上製
価格 10,000円+税
ISBN 978-4-86251-202-4 C3031

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 BOOKPUBで電子書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

内容

本書は、朝鮮の領土、国境、領海、海洋主権を分析し、関係資料を収めている。
朝鮮の領土問題は単なる領土の画定・帰属の域を超えた、民族の理解をかまえて十分な理解が必要である。
私は、韓国・中国・北朝鮮と訪問する機会があり、その土地の生活を見聞きしてきた。本書は、朝鮮の領土関係の資料集成と分析を行ったものであるが、領土問題の認識ばかりか、広く朝鮮を理解する上でお役に立てば幸いである。

目次

1 はしがき――朝鮮
2 朝鮮半島をめぐる論争
3 中朝辺界史
4 新中国・北朝鮮の国境処理
5 鴨緑江と水豊ダム
6 中国・北朝鮮国境河川協力と往来
7 朝鮮・ロシア国境
8 西海と東海
9 独島/竹島論争
10 朝鮮半島の海上境界
11 朝鮮半島の統一問題
12 済州島
13 韓国の対馬併合要求

著者プロフィール

浦野 起央(ウラノ タツオ)

1955年、日本大学法学部卒業。政治学博士。
現在、日本大学名誉教授、北京大学客座教授。