頸損麻痺レベル別99手におよぶ機能再建術
橋爪 長三(著)
B5判   
価格 9,000円+税
ISBN 978-4-86251-193-5 C3047

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 BOOKPUBで電子書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 医書.jpで電子書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

内容

本書は、著者が12年間にわたりハンセン病患者の治療に従事してきた経験と知識と技術のすべてが詰まった貴重な一冊です。また、50念にわたり著者が取り組んできた、他ではあまり見られない腱移行術の具体例を挙げて説明しているのが本書の特徴です。これから、この分野の治療・研究に携わる医師には必携書です。

目次

第1章 総論ならびに機能再建がおこなわれた対象疾患
 第1節 腱移行術の定義
 第2節 解剖
 第3節 診察のポイント
 第4節 手術のポイント
第2章 麻痺の分類と手術術式
 第1節 末梢神経麻痺の分類
 第2節 麻痺型と手術の計画
第3章 末梢神経障害、筋の外傷、あるいは麻痺性疾患による麻痺手の再建について
 第1節 はじめに
 第2節 麻痺型と実際の手術計画

著者プロフィール

橋爪 長三(ハシヅメ チョウゾウ)

昭和4 年5 月1 日 長野県伊那市生まれ
昭和30 年3 月 信州大学医学部卒業
昭和31 年6 月 医師免許証取得
昭和32 年4 月 信州大学医学部助手
昭和37 年4 月 信州大学医学部講師
昭和38 年1 月 国立療養所長島愛生園整形外科医長
昭和38 年10 月 医学博士
昭和46 年4 月 国立療養所大島青松園整形外科医長
昭和49 年11 月 長野県身体障害者リハビリテーションセンター所長
平成6 年9 月 特定医療法人新生病院名誉院長、整形外科医長
昭和55 年3 月 日本らい学会賞
平成 6 年5 月 日本手の外科学会特別会員
平成27 年  日本肘関節学会功労会員