Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

必携 実例でわかる福祉住環境
高齢者住環境研究所(著), バリアフリーデザイン研究所(著), 伊藤 勝規(著)
A5判    並製
価格 2,500円+税
ISBN 978-4-86251-190-4 C3052

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 TSUTAYAオンラインショッピングで書籍を購入する
 BOOKPUBで電子書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 楽天koboで電子書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

内容

バリアフリーリフォームの詳細を予算別に紹介。加齢による身体機能の低下と住まいの関係がわかる。また、人間工学的視点から身体のメカニズムを再考し、生活空間別に安全で安心な住まいへの配慮を提案する。ほかには、やってはいけない!バリアフリーの非常識など。

目次

介護保険制度の住宅改修の基本
1.日常の動作をバリアフリーにする
  —身体機能の変化に合わせた住まいのバリアフリーデザイン—
2.日常の生活をバリアフリーにする 
  —日常生活の場面に応じた住まいのバリアフリーデザイン—
3.住居をバリアフリーに改修する
  —予算別・場所別のバリアフリー改修工事の見積—
4.やってはいけない! バリアフリーの常識・非常識

著者プロフィール

高齢者住環境研究所

高齢者の実情と設計業務のギャップ、女性ならではの生活に密着した発想から高齢者住宅研究所を設立。バリアフリー住宅改修のパイオニア的存在で、手掛けたバリアフリー設計の事例はゆうに1,500件を超える。
バリアフリーデザイン研究会/リビングデザインセンターOZOENの中に設置されている研究会のひとつで、実践的活動家の集まりである。バリアフリーをキーワードに住まい全般を考えている研究会で、現在も活動中である。