原発 その光と影
山本 謙(著)
A4判   376頁  並製
価格 4,500円+税
ISBN 978-4-86251-185-0 C3053

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 BOOKPUBで電子書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

内容

原発が導入され始めた初期の時代に、島根原発がどういう経緯で、どのように導入・建設されていったか、また、その後の2基目、3基目がどのようにして、追加的に建設されていったか、そのプロセス、政治的な駆け引き、反原発運動が起きてからの対応など、「島根原発」の歴史としては議会議事録や安全協定の文書など資料が豊富で、大変参考になる資料といえる。
鳥取県に原発がないのは今から30数年前に町の婦人会が、反原発運動を起こしたおかげだ。本書にはこの資料も付属している。

目次

第1章 島根原子力発電所
第2章 島根原子力発電所と地方行政
第3章 田部県政以降の出来事と業務
第4章 島根原子力発電所安全協定締結経過及新燃料輸送計画
第5章 国行政と中国電力の基本構想と経過概要
第6章 島根原子力発電所周辺の環境対策及び試運転開始
第7章 島根原子力発電所周辺地域住民の安全確保等に関する協定改訂交渉
第8章 鹿島町長選挙と原発2号機増設に伴う騒動
第9章 3号機増設
第10章 未来のために
資料1 原発のないふるさとを
資料2 日本の改革は司法改革から
資料3 新聞記事及び核エネルギー年表

著者プロフィール

山本 謙(ヤマモト ケン)

 昭和4年1月7日(1929)、島根県八束郡出雲郷村今宮に生まれる。
 島根県立松江農林学校を卒業後、昭和21年に島根県職員となり、経済部、土木部、総務部を経て、厚生部薬務環境衛生課公害係長、環境保健部公害課主幹及び課長補佐として勤務し、一貫して島根原子力発電所の立地と放射能対策等に関する業務を担当する。
 以後、企画部、商工労働部、島根県人事委員会事務局局長として昭和61年3月まで勤務し、40年間に及ぶ県庁職員としての業務を終えて退職する。
 退職後、島根県中小企業振興公社、しまね技術振興協会の常務理事を兼ねて務めた。この両者を合併し、現在の島根産業振興財団(ソフトビジネスパーク島根)を設立し退職、その間に山本行政書士事務所を解説し、傍ら民間企業の顧問を務める。
 平成15年12月から平成27年3月までNPO法人まちづくりネットワーク島根の理事長として業務にあたる。