Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

国際日本学とは何か?
王 敏(編著)
A5判   444頁  上製
定価 4,400円+税
ISBN 978-4-86251-170-6 C3036

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 BOOKPUBで電子書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

内容

古代・中世・近世・近代、そして現代。それぞれの時代において、日本と東アジア各国とは、文化的・思想的、あるいは歴史的にどのような影響を与え合ってきたのか? その中で形作られた自他の「日本意識」の共通性と相違とは?
勝海舟の中国観、周恩来、郭沫若ら中国人留学生の日本体験と日本観など、東アジアにおける「知」の大循環を探求する。

目次

序論
 東アジアの相互認識を映し出す参照枠(王敏)
第一部 岐路に立つ日本と東アジアに結ばれた「知」の横糸
 日本古代・中世の教育と仏教(大戸安弘)
 勝海舟の中国観(上垣外憲一)
 長崎の唐通事とその子孫(陳東華)
 朝鮮時代の中人と公共性(李南姬)
 凡父・金鼎卨の風流精神に現れた統合論と公共倫理(秦敎勳)
第二部 東アジアへ「日本意識」の変容
 如何にして「東アジアから考える」か?(黄俊傑)
 日本語は易しいか(沈国威)
 もう一つの実学(陳毅立)
 禹王(文命)遺跡の語る日本と中国の文化交流史(大脇良夫)
 「越境」のアジア主義観(姜克實)
第三部 百年後の検証・中国人の日本留学および、その日本観
 傅抱石の日本留学とその影響(廖赤陽)
 何香凝と日本留学(竹内理樺)
 郭沫若の日本体験と詩歌創作(藤田梨那)
 周恩来の中日関係観(曹応旺)
 法政速成科のメタヒストリー(古俣達郎)
終論
 韓国、中国(朝鮮族を含む)と、日本における道徳教育の現状をめぐる一考察(王敏)