理性と感性
山岸健 責任編集(著/文)
A5判   480頁  上製
定価 4,800円+税
ISBN 978-4-86251-010-5 C1036

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

内容

あなたを魅惑したあの風景にはどんな意味が?親密な経験、疲労した身体、他者の視線、生きる技法…多彩な知性と感性がくりひろげる百花繚乱の宴。

目次

1(死別の社会学序説;資本主義初期ドイツ企業家の自伝に見る価値観と理想的人格像―ヴェルナー・フォン・ジーメンスを事例として;在宅の看取りと家族 ほか)
2(身体と相互行為秩序;視線の日本近代―対人感覚の文化史序説;社会学、死、近代社会 ほか)
3(障害者介助実習の実践学―障害者自立生活のカテゴリーと介助シークエンス;親密な経験の非対称性、あるいは疲れと眠り―「白河夜船」によせて;G.H.ミード科学方法論における個人の位置 ほか)

著者プロフィール

山岸健[ヤマギシタケシ]
1934年、新潟県生。慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了、社会学博士。大妻女子大学人間関係学部教授、慶應義塾大学名誉教授

草柳千早[クサヤナギチハヤ]
1959年、愛知県生。慶應義塾大学大学院社会学研究科修士課程修了。大妻女子大学社会情報学部

澤井敦[サワイアツシ]
1962年、愛知県生。慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。慶應義塾大学法学部政治学科教授