Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

発言力4
日本大学法学部教授
秋山 和宏 監修
A5判 並製 248頁
価格 2,800円+税
ISBN978-4-86251-028-0 C3031

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 BOOKPUBで電子書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

内容

発言力シリーズ第四弾!!
ついに千秋楽を迎えた小泉内閣。
小泉内閣とは何であったか。
支持率、外交、郵政民営化…。
その内部を鋭利に切りとる論文の数々!社会を荒廃させ、国民生活を不安に陥れた小泉政治。2003年9月の総裁再選、第1次小泉再改造内閣成立から2006年9月の退陣までを対象とし、政治家の発言を記録、検証する。 

目次

第1章 小泉人気

 1郵政解散〜総選挙
 2サプライズ人事
 3小泉首相の卒業旅行
 4内閣支持率

第2章 構造改革

 5特殊法人改革
 6郵政事業民営化
 7医療制度改革
 8三位一体の改革
 9経済財政諮問会議

第3章 政治問題

 10憲法改正問題
 11靖国参拝問題
 12共同謀議
 13沖縄問題
 14地方政治→補選など
 15教育基本法
 16自公連立政権v 17ポスト小泉v
第4章 経済・社会問題v
 18財政再建、特別会計
 19税制、消費税
 20環境問題
 21格差社会
 22量的緩和
 23年金問題
 24ゼロ金利
 25少子高齢化
 26公務員削減
 27消費者金融問題
 28皇室典範
 29男女参画社会

第5章 外交

 30安全保障問題
 31日米関係
 32日中関係
 33北朝鮮問題
 34日韓関係
 35イラク問題
 36国連外交
 37日露関係

資料

年表

著者プロフィール

【監修者】
秋山 和宏(あきやま かずひろ)
日本大学法学部教授。