Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

すべての治療家と患者のための実践書
日本自律神経免疫治療研究会理事長
福田 稔 著
安保 徹 協力
A5判 並製 253頁 
3000円+税
ISBN978-4-86251-025-9 C3047

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

内容

自律神経免疫療法は、自律神経のバランスを整え、免疫力を高めて病気を治癒に導く治療法です。少しでも多くの治療家のみなさんに治療の実際と理論をご紹介したいと考え、治療の内容をまとめたのが本書です。DVDでは、モデルを使って治療の手順を解説したものと、パーキンソン病の患者さんの実際の治療を紹介しています。
安保先生協力、福田先生初のDVD付き解説書です!

目次

はじめに

第1章 心と体に効く免疫療法
 自律神経免疫療法の3つの特長
 病気の発症のメカニズムを明らかにした免疫理論
 自律神経の乱れが万病を招く
 自律神経のバランスを整えれば病気は治る
 治療には患者さんの努力が不可欠
 つむじ理論で治療効果が増大
 高気圧で虫垂炎が重症化する謎
 「白血球の自律神経支配の法則」を発見
 環境と体・心をつなぐ自律神経
 気象が変われば免疫力も変わる

第2章 病気を治す免疫のしくみ 安保 徹
 現代医学で慢性病は治せない
 今日から臨床で実践できる免疫理論
 適切なアドバイスでガンは治っていく
 全身を循環して体を守る白血球
 年齢に応じて防御態勢も変わる
 マクロファージの働き
 全身の細胞を統括する自律神経
 免疫力は自律神経のバランスで決まる
 交感神経,副交感神経に反応するマクロファージ
 「福田─安保理論」のルーツ
 ストレスをためる無理な生き方が免疫力を低下させる
 大量の活性酸素で組織が破壊される(顆粒球の増加)
 内臓の働きが悪くなり,低体温になって免疫力が低下する(血流障害)
 免疫力が低下し病気を呼び込む体調になる(リンパ球の減少)
 便秘,排尿障害,腎臓結石が起こりやすく,ガンに攻撃力を発揮できない(排泄・分泌能の低下)
 楽過ぎる生き方も病気を招く
 「うっ血」により低体温になり免疫力が低下する(血管拡張)
 リラックス過剰による気力・体力の減退,過食による肥満
 アレルギー疾患にかかりやすい(リンパ球の増加)
 出過ぎる害もある(分泌・排泄能の亢進)
 知覚が過敏になる(プロスタグランジンの増加)
 ストレスに気づくことが治癒に向かう第一歩
 薬で病気は作られる
 慢性病にステロイド剤を使ってはいけないわけ
 現代薬の常用は複数の合併症をもたらす
 不快な症状は治癒反応.抑えこまずに促すことが大切
 免疫力を高めて治癒を促す自律神経免疫療法
 副交感神経を効果的に刺激し,回復反応を促す
 治療に迷ったら
 リンパ球比率がなかなか上がらないときは
 治癒率が下がっていくときは

第3章 自律神経免疫療法 治療の実際
 気と血液を流し自然治癒力を高める
 白血球のバランスを調べながら治療を進める
 1.治療の見通しが立てやすい
 2.治療効果を確認しながら治療ができ,適確に病態把握ができる
 3.患者さんが生活を改善しやすくなる
 4.血液検査の実施方法
 治療の実際
 1.治療点を見つけるコツ
 2.問診のポイントは「診て,聞いて,触って,話す」
 3.治療で用いる器具
 ・自律神経を刺激する効果が高い
 ・治療が簡便である
 4.刺激する順序
 (1)指先から腕への治療
 (2)肩から腹部,足の付け根(鼠径部)への治療
 (3)つむじから背中,腰への治療
 (4)腰から足の治療
 (5)膝から足の治療
 5.治療後に生じる変化
 6.治療の間隔
 (1)副交感神経優位の病気の治療間隔
 (2)交感神経緊張の病気の治療間隔
 ●ガン
 病気の見方
 ガン患者の白血球比率
 発熱したらしばらく熱を下げない
 三大療法の選択
 ガンの治療成績
 [症例]スキルス胃ガンが消えた
 治療の概要
 [症例]4cm大のガンが消えた
 治療の概要
 [症例]余命3カ月と告知されてから1年半延命する
 治療の概要
 [症例]胃の悪性リンパ腫が消えた
 治療の概要
 [症例]三大療法を受けず乳ガンと7年間共存
 治療の概要
 [症例]ストレスをためず気楽に過ごした3年間(体験談)
 共存できたらいい
 休診中はおおいにさぼった
 3年ぶりの再会
 ●潰瘍性大腸炎
 病気の見方
 [症例]15歳から闘病生活で「生きる力」を失っていたが,自律神経免疫療法に出会って完治する
 治療の概要
 ●アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎・ぜんそく・花粉症)
 病気の見方
 成人は90%,10〜15歳では100%の効果
 子どもは年齢が低いほど治療期間は短い
 [症例]脱ステロイドを30歳で決心,仕事をやめ治療に専念
 治療の概要
 [症例]乳児期からのアトピー性皮膚炎を治す
 治療の概要
 [症例]2歳男児の気管支ぜんそくを自律神経免疫療法で完治
 治療の概要
 ●関節リウマチ
 病気の見方
 [症例]膝の痛みでほとんど歩けない状態から回復した
 治療の概要
 [症例]ステージ?のリウマチ症状を8カ月で完治
 治療の概要
 ●パーキンソン病
 病気の見方
 [症例]免疫治療で症状も安定,減薬を試みる
 治療の概要
 ●うつ病
 病気の見方
 気の詰まりが原因
 交感型と副交感型がある
 うつ病治療の見立て
 うつ病の治療成績
 [症例]薬をやめて20kg減量して若返り
 治療の概要
 [症例]20年間薬を飲み続けたが改善せず,薬を使わない治療を求めてきた
 治療の概要
 [症例]患者さんの“治そう”という気力がとぼしいと完治は難しい
 治療の概要
 ●冷え
 [症例]腰から下の強い“冷え”が解消
 治療の概要

第4章 うつから学んだ病気の治し方
 うつから学んだ病気の治し方
 外科医をやめ自律神経免疫療法に専念
 重度のアトピー性皮膚炎治療でわかった“暝眩(リバウンド)”の意味
 これからは6,7分で生きよう
 治療成績が落ちた
  死んでしまいたい
 これが「頭寒足熱」ですよ
 病気は本人が治すもの
 「百会」から「つむじ」へ
 『うつは家族で乗り切る』福田良子(耳鼻咽喉科医師)

第5章 病気は自分で治す
 「自律」してこそ病気は治る
 病気を克服する食事のあり方とは
 汗で幸せを握れ
 軽い運動で汗を流す
 血流促進効果がある乾布摩擦
 半身浴で体の芯から温まる
 気持ちまで病気にならない
 薬はやめる
 自律神経免疫療法の家庭版で病気を治す
 つむじ押し
 つむじの探し方
 やり方
 (1)つむじを押す
 (2)つむじから放射状に広がる6本の線を押す
 爪もみ
 やり方

第6章 体験談
 歩くこともままならなかったリウマチが寛解した
  浅井幸子(仮名,47歳,レストラン経営)
 30年来のアトピーが改善しステロイド剤もやめることができた
  森岡いずみ(仮名,34歳,主婦)
 ステロイド剤をやめてアトピー性皮膚炎を克服
  木原歩(仮名,7歳)母・さなえ(仮名,41歳)
 ステロイド剤と抗うつ剤をやめて7年来苦しんだ膠原病とうつ病を克服
  小泉茉莉(仮名,34歳,家事手伝い)
 自律神経免疫療法で手のふるえがとれ歩けるようになった
  近藤春男(仮名,56歳,会社経営)
 手術必至と言われた2cm大の顔面のおできが9カ月で消失v  矢島妙子(仮名,64歳,主婦)v 治療が難しいとされるスキルス胃ガンと共存し,毎日が充実
  水内晴子(仮名,53歳,営業)

稿を終えるにあたり

著者プロフィール

【著者】
福田 稔(ふくだ みのる)
1939年、福島県生まれ。新潟大学医学部卒。福田医院医師。日本自律神経免疫治療研究会理事長。67年新潟大学医学部第一外科入局。96年に刺絡療法に出会い独自の研究を重ね免疫力を高めて病気を治す自律神経免疫療法を確立。湯島清水坂クリニック顧問。

【協力】
安保 徹(あぼ とおる)
1947年、青森県生まれ。東北大学医学部卒。72年、青森県立中央病院に内科研修。74年、東北大学歯学部微生物学の助手。79年、米国アラバマ大学に5年間留学。91年より新潟大学医学部教授。専門は免疫学・医動物学。