Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

子どもにおける矛盾の意識化と克服
J.ピアジェ 著/芳賀純ほか 訳
A5判/上製/ 396頁
本体6,000円+税

 三和書籍ヤフーショッピング店で書籍を購入する
 三和書籍ヤフーショッピング店でこの本をアフィリエイトする(料率12%)

内容

ピアジェの「発生的認識論」は、I. プリゴジンやH.フォン=フェルスター、S.パパートといった人々から異口同音に共感を寄せられ、関心を集めている。本書はジュネーヴの「国際発生的認識論センター」紀要第31・32巻の全訳であり、『認知構造の均衡化』(同紀要33巻)と並んで、発生的認識論の基本概念である「均衡化」の理解に欠かせない重要文献である。